太田金山 樹木散歩

アカメガシワ(赤芽柏) トウダイグサ科
トウダイグサ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/ 常緑 針葉/広葉 樹  高 花  期
互生 高木 落葉 広葉 15m 7月

分布 山野にふつうに生え、林縁や伐採跡地などの明るい場所に多く見られる。金山山中にも普通に見られる。
樹皮 浅い割れ目があり灰褐色。成木は縦に長い菱形の網目模様になる。

葉柄は10~25cmで赤みを帯びる。葉身は10~20cmの広卵形、先は鈍頭、基部は円形、全縁で波状になり3浅裂するものもある。葉が広がり始めても、先端部の葉は赤い。黄葉する。

雌雄異株。花には花弁がない。雄花は枝先に長さ7~20cmの淡黄色の円錐花序、雄しべが多数あり球状に開く。雌花は短く固まって付き、花柱が3個、子房は紅色の星状毛が付き、柱頭は3つに分かれる。虫媒花。

果実は蒴果で8mm程の扁球形、棘状の突起が密に生え褐色に熟す。熟すと3裂し、3~4個の直径4mmほどの黒色の種子を出す。

名前

赤い芽が美しく、柏のように食物を乗せた。

メモ

若芽は紅色の毛が密生し、鮮やかで人目を引く。葉が広がり始めても、先端部の葉は赤い。


アカメガシワ樹皮
縦に長い菱形の網目模様
16/4/29
アカメガシワ新葉
展開が終わっても、先端部は赤い
15/5/26
アカメガシワ新葉
新芽は紅色が鮮やか

15/4/26
アカメガシワ赤芽色

赤芽色
17/5/6

アカメガシワ雄花序

雄花の蕾
15/6/4

アkメガシワ雌花
雌花、花柱は3個、子房は赤味を帯びる
16/6/25
アカメガシワ雄花序

雄花
15/6/22

アカメガシワ花

雄花、花弁はなく雄しべが多数
17/6/19 

アカメガシワ実
熟すと3裂し黒色の種子を出す。
16/9/16
アカメガシワ実
熟すと3裂し黒色の種子を出す。
16/9/16 
 アカメガシワ黄葉
黄葉が美しい
15/11/12  
アカメガシワ黄葉
葉柄の長さ変えて日を受ける
16/11/6   

トップページに戻る トップに戻る  前に戻る 前に戻る