太田金山 樹木散歩

エノキ(榎)  ニレ科 
エノキ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 高木 落葉 広葉 20m 4月

分布

山野に生え、各所に植えられている。月の池南方に目通り

220cmの大木が自生。新田神社西面にも大木が見られる。

樹皮

樹皮は灰黒褐色で横方向に皺がより、ゾウの膚のようにも見える。足元は板状根。

葉柄は5~9mm、葉身は4~10cmの広楕円形、鋭尖頭、基部はくさび形で左右非対称、上半分に低い波状鋸歯。側脈は3~4対で顕著な3行脈、側脈は縁に達しない。スス病で黒く汚れている場合が多い。

淡黄褐色の小花を付ける。雄花と両性花、雄花は新枝の下部に付き、花被片は披針形で4個、雄しべ4個と対生する。新枝の先端に付く両性花の花被片は4個、雄しべ4個と雌しべ1個、花柱は2裂する。黄葉する。

核果は赤色で6mmの球形。赤褐色に熟す。

名前

枝の木、柄の木、 餌の木、 燃えの木等諸説。

メモ 

「榎」の字は夏に木陰をつくることから生み出された国字。

 国鳥オオムラサキの食樹。

エノキ樹皮
ゾウの肌のよう
16/4/8
エノキ樹形
枝が横に広がり整った樹形となる
15/3/14
 エノキ板状根
板状根
16/5/6
 エノキ蕾

16/4/8
 
エノキ花
雄花と両性花
16/4/9
エノキ若い実

若い実
16/4/19

エノキ青い実
若い実
15/5/14
エノキ熟した実
赤く熟した実
15/8/22
エノキ実 
赤褐色に熟した実
16/8/19
 エノキ黄葉
黄葉が始まった
16/10/20
 エノキ黄葉
黄葉
16/11/20
 エノキ実と黄葉
実と黄葉
16/11/20

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る