太田金山 樹木散歩

カツラ(桂)  カツラ科 
カツラ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
対生 高木 落葉 広葉 30m 3月

分布

山中の渓流沿いに生える。カラタチ沢付近に植栽されている。

樹皮

樹皮は黒褐色で剥がれる。

葉柄は2~2.5cm、葉身は3~7cmの円心形(心臓形)、丸みのある波状の鈍鋸歯があり、先端は円頭あるいはわずかに尖り、基部は浅い心形。基部から5本の掌状脈となる。

雌雄異株。花は葉が開く前に咲く。花には萼片や花弁がなく、基部を膜質の苞が包む。雄花は白い花糸の先に付く5mmほどの葯の紅紫色が目立つ。雌花には雌しべが3~5個、柱頭は1.5cm程の紅紫色。

果実は袋果で1.5cmほどの円柱形、秋に黒紫色に熟し、裂開し種子を飛ばす。バナナのような果実で甘い香りがする。

名前

材に甘い香りがすることから『香出(かづ)ら』と呼ばれた

メモ

芽吹きの頃の色の移り変わりは魅力的。

花弁も萼もない花には、フサザクラ、ヤマグルマがある。どれも古い種と言われる。


カツラ樹皮
成木の樹皮、薄く剥がれる
15/5/18
カツラ花
開花の時期は赤く色づく
17/3/23
カツラ雄花
雄花の蕾
17/3/23
カツラ雌花

雌花
17/3/29

カツラ雄花
雄花
17/3/30
カツラ葉
新葉
18/4/9
カツラ葉
葉は円心形
16/4/19
カツラ若い実
ハ゛ナナの形をした若い実
16/5/19
 
カツラ実
 黒く熟した実
15/9/11
 
 カツラ黄葉
 黄葉が始まった
16/10/12
カツラ黄葉
 黄葉
16/10/26
  
カツラ黄葉
 ハート形のシルエット
17/11/7
 

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る