太田金山 樹木散歩

コブシ(辛夷)  モクレン科
モクレン属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 高木 落葉 広葉 15m 3月

分布

丘陵や山地、ときには低地にも自生。庭木、公園樹としても植栽される。カラタチ沢に多数見られる。

樹皮

樹皮は灰白色で滑らか、皮目がある。本年枝は紫色を帯びた緑色。

葉柄は1~1.5cm、葉身は6~10cmの倒卵形、全縁でやや波状、先端側で最大幅。先は次第に細くなり突出、基部は広い楔形。葉縁は全縁で波状。表は緑色で無毛、8~10対の平行な側脈。開花と同時に、花の下に小葉が1枚付く。黄葉する。

雌しべ先熟。花径6~10cmの白花、花被は花冠と萼の区別があり、外側3枚は萼で広線形、内側6枚は花弁。花弁は5~6cm、白色で基部が紅色を帯びる。中心にたくさんの黄色い雄しべと緑の雌しべ。先に雌しべが柱頭を突き出し、その後、雌しべの柱頭は中心にへばりつくようになり、代わりに雄しべが突き出して花粉を出す。蜜を出さない虫媒花。ソメイヨシノの約1週間前に開花。

集合果で5~10cmmのこぶ状、黒く熟すと裂けて糸状の珠柄の先にぶら下がる。

名前

果実が集合果で、握り拳(こぶし)のように見えるのが、名前の由来。

メモ 

田打ち桜とも言われ、農作業開始のシク゛ナル。

 ハクモクレンは花の下に小葉が付かない

コブシ樹皮
灰褐色で滑らか
16/4/27
コブシ蕾
蕾が色々な方向に向く
16/3/17
 コブシ蕾

18/2/18
 コブシ蕾
開きかけた花
16/3/22
 コブシ蕾
満開
16/3/25
 
 コブシ雌しべ

花後の雌しべ
16/3/25

コブシ花
花の下に小葉が1枚付く
16/3/30
コブシ実
こぶしの様な実
15/8/25
コブシ実
実が赤く色付いてきた
17/8/20
コブシ種子
種子が珠柄の先にぶら下がる
15/9/19
コブシ黄葉
黄葉
17/11/7
 
 

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る