太田金山 樹木散歩

クマノミズキ(熊野水木) ミズキ科
ミズキ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
対生 高木 落葉 広葉 12m 4月

分布

山地の林内にふつうに自生する。子供の国展望台付近で見られる。

樹皮

樹皮は灰黒緑色で、縦に浅く裂け目が入る。

葉柄は長さ1~3cmで、枝先に集中する。葉身は長さ6~
16cmの卵形。先は急鋭尖頭、基部はくさび形。全縁または低い波状鋸歯。表は濃緑で光沢、裏は薄緑色で毛がある。黄葉する。

花は両性花、黄白色の花を密に付けた直径8~14cmの散房花序を葉より高く出す。花弁は4個。雄しべは4個で花盤に付く。花柱は1個。花序の枝は花時は緑、果実が熟す頃は赤くなる。

球形の核果で紫黒色に熟す。果軸・果序は赤くサンゴのようになり、果実が目立つ。

名前

熊野地方に産するミツ゛キの意味。

メモ 

ミス゛キは互生で花期は5月。ミス゛キに比べ葉の幅が狭く、先が尖る。

幹の同じ高さから何本か放射状に出て斜上する。


クマノミズキ樹皮
灰黒緑色、縦に浅く裂け目
16/4/22
クマノミズキ葉
葉は枝先に集中する
15/5/15
クマノミズキ蕾

16/5/16
クマノミズキ花階段
階段のように花が付く
16/6/9
 クマノミズキ花
花弁4個、雄しべ4個、花柱1個
17/6/19
 
クマノミズキ花

17/6/19 
 クマノミズキ実
実は紫黒色に熟す
15/10/17
 
クマノミズキ実
実は紫黒色に熟す
17/10/25
 
クマノミズキ葉
卵型、先は急鋭尖頭、基部はくさび形
16/5/6
クマノミズキ葉
葉は対生する
17/9/8
クマノミズキ黄葉
黄葉する
15/10/17
 
 

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る