太田金山 樹木散歩

クマシデ(熊四手)  カバノキ科
クマシデ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 高木 落葉 広葉 15m 4月

分布 山地に生える。子供の国などで見られる。
樹皮 樹皮は若木で平滑、老木は鱗片状で黒褐色、縦に入った模様が浅く裂け目立つ。
葉柄は8~15mm、葉身は6~11cmの狭卵形で先は尖り、細かい重鋸歯がある。基部は円形または浅い心形。側脈はきれいに並び20対と多い。褐色ぽく黄葉する。
葉の展開とともに開花。雄花序は長さ3~5cmの穂状で前年枝から下垂。雄花は苞の下に1個ずつつく。雄しべは8~10個。雌花序は本年枝の先端、あるいは短枝の腋から下垂する。雌花は苞の内側に2個ずつつく。雌花の基部には小苞があり、花柱の上部は2裂する。雌花の基部の小苞は花のあと大きくなり、葉状の果苞になる。
果実は堅果。葉状で長さ1.5~2cmの果苞の基部に付く。果穂はシテ゛類で最も太く、5~10cmと長い。褐色に熟す。
名前 果穂が「四手(しで)」に似て、アカシデやイヌシデの果穂よりも大きいから。
メモ 材は堅いため、家具材・建築材・農具の柄などに用いられる。

クマシデ樹皮
黒褐色、縦に入った模様が目立つ
16/5/16
クマシデ花
雄花序と雌花序
18/3/29
 クマシデ雌花
雌花序
17/4/14
クマシデ葉
側脈は20対ほど、細かい重鋸歯
16/5/16 
 クマシデ実

果穂は太く、長さ5~10cmほど
17/5/16

クマシデ実

葉状の果苞が密に付く
16/6/5
 

クマシデ実
褐色に熟す
16/9/30
クマシデ黄葉
黄葉
17/11/13
クマシデ実
果苞は鋸歯があり、基部に堅果
16/10/26
クマシデ黄葉
黄葉
16/11/1
クマシデ黄葉
褐色ぽい黄葉
16/11/22
 
クマシデ実 
褐色に熟した実
16/12/6
  

   トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る