太田金山 樹木散歩

ミツマタ(三叉)  ジンチョウゲ科
ミツマタ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 低木 落葉 広葉 2m 3月

分布

古くに渡来。東山公園平和の塔付近に植栽されている。

樹皮

樹皮は黄褐色で、その繊維は強靱。枝は3つに分かれる。

葉柄は5~8mm、葉身は薄く、9~20cmの被針形。葉先は鋭く尖り、基部は楔形となり葉柄に続く。全縁。葉裏は絹毛が密生し灰白緑色。黄葉する。

花は葉が開く前に咲く。蜂の巣のような黄色い花で枝先に頭状花序に30~50個付ける。花弁はなく萼が目立つ。萼筒は8~15mmで先は4裂する。萼片の内面は黄色、外面は白い絹毛を密生する。雄蕊は8個で4個が良く見える。

果実は核果、緑色で有毛、萼筒に包まれる。

名前

枝が三又になっていることからこの名がある。

メモ

日本紙幣の原料で薄く型崩れしない。紙幣以外、証書・地図用紙・コヒ°ー紙など に幅広く使われている。


ミツマタ樹皮
樹皮は黄褐色
16/5/4
ミツマタ三又
冬の間、蕾を付けている
16/2/29
ミツマタ花

17/3/18
ミツマタ花
枝は3つに分かれる
18/3/23
ミツマタ花

萼筒は先が4裂する、雄しべは4個見える
16/3/15  

ミツマタ花
ハチの巣のような花
17/3/13 
ミツマタ葉
葉は披針形、先は尖る
16/5/4
ミツマタ実
新葉
16/4/21
 ミツマタ実

16/5/29
ミツマタ実 

16/5/29
ミツマタ蕾
蕾、落葉しても花芽は春までこの感じ
16/11/6
ミツマタ黄葉
黄葉
16/11/18
  

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る