太田金山 樹木散歩

モミジイチゴ(紅葉苺)  バラ科
キイチゴ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 低木 落葉 広葉 2m 3月

分布

金山に普通に生える。

樹皮

幼木の樹皮は緑、生長すると褐色。鉤形の棘が多い。

葉柄は2~5cmで棘がある。葉身は6~10cmの狭卵形、5中・深裂し裂片は鋭尖頭、中央の裂片が長く、各裂片には粗い欠刻と鋸歯。葉裏は白緑色で葉脈状に棘がある。ただし、葉の形や鋸歯には変異が多く、切れ込みが少ない場合もある。黄葉する。

両性花。冬芽からのびた短い枝に、直径3cmの5弁の白花を1個、下向きに付ける。花弁は菱形状卵形で基部は細い。萼筒は杯形、裂片は先端が尖った狭卵形。雄しべは直立して集まり、全体として柱状となる。花柄は有毛。

果実は直径1~1.5cmで球形の集合果、6~7月に橙黄色に熟す。食べると美味しい。

名前

葉の形がモミシ゛に似るため。

メモ

別名、キイチコ゛(木苺)とも呼ばれる。


モミジイチゴ枝
葉は通常、掌状に5裂
15/4/17
モミジイチゴ花
白花を下向きに付ける
16/4/1
モミジイチゴ花
雄しべは直立し柱状となる
17/3/31
モミジイチゴ花
5弁花、花弁は卵型で基部は細い
16/3/30
モミジイチゴ棘
枝には鉤形の棘がある
16/3/22
モミジイチゴ葉
若い実
15/4/17
 モミジイチゴ実
甘くて美味しい
16/5/20
モミジイチゴ実

16/5/20
 
 モミジイチゴ黄葉
黄葉
14/11/27
モミジイチゴ黄葉
黄葉
16/12/8
 

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る