太田金山 樹木散歩

ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)  キク科 
コウヤボウキ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 小低木 落葉 広葉 0.9m 8月

分布

関東以西の日当たりの良いやや乾いた丘陵や山地に生える。金山の日当たりの良い尾根伝いに分布。

樹皮 1年目の枝と2年目の枝の姿・葉の形が大きく異なる。

1年枝の葉は卵形で基部が円形、小さな突起状鋸歯がある。2年枝の葉は輪生状に3~6個が束生し、長さ3~4.5cmの長楕円形、基部が楔形、鋸歯がやや大きく明瞭、3行脈が目立つ。

2年枝の束生した葉の中央に頭花を1個付ける。頭花は10数個の白い筒状花で長さ1.5cmほど、花冠は5裂し、細長くよじれる。雄しべは5本、雌しべは1本、どちらも花冠から突き出る。総苞は筒形、長さ11~12mm、総苞片は約4列。

痩果は褐色で長さ6~7mm、縦肋があり、短毛が散生する。冠毛は褐色~赤褐色を帯び、不同長で長さ8~10mmほど。痩果が熟してくると総苞片が開き、やがて総苞片が開出し、冠毛が球形に開いて痩果が飛散する。複数の種子の冠毛が開くと全体で白い毛玉ができる。

名前

高野山では竹の代わりに本種の幹や枝を束ねてほうきを作った。

メモ 

コウヤボウキとは、葉が細長いこと、両面無毛であること、花が束生した葉の中心に付くことなどによって区別する。


ナガバノコウヤボウキ葉 

16/8/14
ホソバノコウヤボウキ葉
2年枝の葉は長楕円で束生する
16/8/5
 
ホソバノコウヤボウキ花
花、2年枝の束生する葉の中心に付く
16/8/5
 
ナガバノコウヤボウキ花
総苞は筒形
17/8/29
ナガバノコウヤボウキ花
筒状花、花被片は5裂し、細長くよじれる
17/8/29
ナガバノコウヤボウキ実
痩果
16/10/5
ナガバノコウヤボウキ実
または花被片が残っている
17/12/7
ナガバノコウヤボウキ黄葉
黄葉する
16/11/27

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る