太田金山 樹木散歩

ナツグミ(夏茱萸)  グミ科
ク゛ミ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 高木 落葉 広葉 5m 4月

分布

馬場曲輪の四阿付近に大木がある。目通り190cmと100cmの双幹、樹高約10m。

樹皮

樹皮は暗褐色、老木になると縦に不規則に割れる。若木は褐色の鱗状毛に覆われる。

葉柄は7~11mmで赤褐色の鱗状毛。葉身は7~8cmの長楕円形で全縁。先は鈍頭、基部はくさび形。表裏とも銀色の鱗状毛がある。黄葉する。

葉腋から花柄を出し、淡黄色の花が1~3個下垂する。萼筒は円筒形で長さ8mm、萼片は4個、萼筒・萼片・子房の外側は銀色の鱗状毛が生える。雄しべは4個、雌しべは1個。

実は1.5cmの広楕円形の偽果で赤く熟す。種子は長楕円形で、長さ1.2cm、長軸方向に溝が8個ある。

名前

渋みがあるため、えぐみ→ぐみ、夏に実を付ける。

メモ 樹木図鑑に「2~5mの落葉低木まれに高木」とある

ナツグミ樹皮
暗褐色で縦に不規則に割れる
17/4/6
ナツグミ樹形
馬場廓の双幹のナツグミ
15/1/16
ナツグミ蕾

17/4/12
ナツグミ蕾

沢山の蕾
16/4/8

ナツグミ花

花は沢山付く
20/4/19

ナツグミ花
子房の上部にくびれがある
17/4/21
 
ナツグミ花
雄しべ4個、雌しべ1個
17/4/21
 
ナツグミ花

葉に銀色の鱗状毛
16/5/7

ナツグミ若い実

若い実
16/5/7

ナツグミ若い実
若い実
16/5/21
 ナツグミ実
熟した実、花は多いが実は少ない
17/5/30
 
ナツグミ黄葉
黄葉
16/11/8
   

  トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る