群馬周辺 野草散歩

リンドウ(竜胆)  リンドウ科
リンドウ属

タイプ 葉の付き方 花の色 花 期 茎の高さ
多年草 対生 青紫色 9~11月 20~100cm

分布 やや湿った山野でみられる。
茎は直立または斜上する。
葉は無柄で茎を抱き、卵状披針形で長さ3~8cm、先は尖り、3脈が目立つ。
蕾は捩じれる。茎頂または上部の葉脇に、青紫色で釣鐘形の花を開く。花冠は長さ4~5cm、先は5裂する。裂片の間には副片があり、内側には茶褐色の斑点がある。柱頭は2裂、おしべ5個は花筒につく。
実は蒴果で枯れた花冠に包まれ、熟すと2裂する。
名前 和名は漢名竜胆の音による。
メモ 根茎を乾燥し、薬用にし漢方で竜胆(りゅうたん)と呼ぶ。

リンドウ花

18/8/15
リンドウ花
葉は卵状披針形、3脈が目立つ
18/11/5
 リンドウ花
蕾は捩れる
20/11/15
リンドウ花
花冠裂片の間に副片がある
18/10/8
 リンドウ花
柱頭は2裂、雄しべ5個
17/9/27
リンドウ花
内側に斑点がある
18/10/8

   トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る