群馬周辺 野草散歩

セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)  シソ科
ヤマハッカ属

タイプ 葉の付き方 花の色 花 期 茎の高さ
多年草 対生 青紫色 9~10月 30~90cm

分布 山地の木陰に生える
全体的に細く、繊細な感じがする。
短い葉柄があり、葉身は長さ5~15cmの長楕円形で低い鋸歯があり、裏面には細かい毛がある。
枝先や葉脇から花序を出し、細長い花柄の先にやや総状に青紫色の唇形花を多数つける。萼の裂片が細長く鋭く尖り、花柄は細長く、無毛。上唇は4裂し反り返る、下唇は舟形で2裂。アキチョウジ(秋丁子)に似るが、花柄が細長く、無毛で、萼の裂片が細長く鋭く尖るなどの特徴がある。
果実はふつう4個が萼に包まれている。
名前 箱根に産することから、縁のある関屋を冠したものといわれる。花の形が丁子形になる。
メモ 

セキヤノアキチョウジ花
株、全体的に繊細な感じがする
18/10/8
セキヤノアキチョウジ葉
葉縁に低い鋸歯がある
18/10/8
セキヤノアキチョウジ花
萼の裂片が細長く鋭く尖る
18/10/8
セキヤノアキチョウジ花
花序はやや横幅が広い
18/10/8
セキヤノアキチョウジ花
上唇は4裂、下唇は舟形
18/10/15
セキヤノアキチョウジ実
花後
18/10/31
セキヤノアキチョウジ実
花後
18/11/5

   トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る