太田金山 樹木散歩

トサミズキ(土佐水木)  マンサク科
トサミズキ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 低木 落葉 広葉 3m 3月

分布 高知県の山中に自生。こどもの国に植栽されている。
樹皮 灰褐色で丸い皮目が目立つ。株立ちで、枝は太く、若い枝は分岐点でジグザグになる。
葉柄は長さ12.5cm、葉身は長さ5~11cmの広卵形。先端は尖り、基部は心形。屋裏に多くの毛。葉縁は波状鋸歯。第2側脈の支脈が目立つ、側脈は平行。葉は黄葉する。
葉に先立ち前年枝の先や節から長さ4cmほどの穂状花序を出し、7~8個の淡黄色の花を付ける。花は長さ1cmほど、萼と花弁と雄しべは5個、雌しべは2個。雄しべは花弁と同じ長さで、葯は暗赤色。
果実は蒴果で直径8~10mmの球形、先端に2個の花柱が残る。
名前 土佐(高知県)の蛇紋岩地帯が原産で、葉の形がミズキ科の樹木に似ているため。
メモ   自生は高知県のみ。江戸時代から観賞用に栽培されている。
 ヒュウガミズキは花序の花の数が1~3個と少なく、葯は黄色である。

トサミズキ樹皮灰褐色、丸い皮目が目立つ
17/2/20
トサミズキ花芽
花芽
17/1/6
  
トサミズキ蕾

17/3/10
   
 トサミズキ花
穂状花序に淡黄色の花
17/3/23
 
トサミズキ花
萼・花弁・雄しべは各5個、葯は暗赤色
17/3/23
   
トサミズキ花
満開
18/4/9
   
   トサミズキ花
新葉
16/4/3
 
トサミズキ葉

18/4/21
トサミズキ実
実、先端に2個の花柱が残る
17/7/7

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る