太田金山 樹木散歩

ウメモドキ(梅擬)  モチノキ科
モチノキ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
対生 低木 落葉 広葉 2m 6月

分布

各地のやや湿り気のあるところに自生。庭木としても植えられる。金山北面、八王子山等に点在する。

樹皮

樹皮は灰褐色。

葉柄は4~9mm、葉身は2~7cmの楕円形、葉先は尖り鋭い細鋸歯、表は緑で毛がある。

側脈は葉縁部には達しないで前方に湾曲。

雌雄異株。本年枝の葉腋に雄花序は5~20個、雌花序は2~4個の淡紫色の花を集散状に付ける。花序軸は短い。花弁は4~5個、楕円形で雄花は約2mm、雌花では約2.5mm。雄花には4~5個の雄しべと退化した雌しべ、雌花には退化した雄しべが付く。

核果、直径5mmの球形で赤く熟す。中に4~5個の核が入る。落葉後の赤い実が目立つ。

名前

葉や枝ぶりが梅に似ている、実の付き方も小梅の様。

メモ  

実は発芽抑制物質を含み、小鳥のおなかを通過しないと発芽しないしくみ。

風媒花で、花粉は非常に広範囲に飛ぶ。


ウメモドキ樹皮
灰褐色
16/5/19
ウメモドキ蕾

16/5/19
ウメモドキ花
雄花序、淡紫色の花を集散状に付ける
17/5/28
ウメモドキ雄花序
葉は楕円形、細鋸歯がある
16/5/24
 ウメモドキ花
雌花序、雄しべは退化
18/5/24
ウメモドキ若い実
若い実
16/7/1
 
ウメモドキ若い実 
球形の核果
16/8/24
 
ウメモドキ沢山の実
沢山実が付いた
15/8/22
  
ウメモドキ実
赤く熟した
16/10/18
ウメモドキ実
落葉後も赤い実が残る
15/11/19
 ウメモドキ黄葉
黄葉
16/11/18
 

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る