太田金山 樹木散歩

ウラジロノキ(裏白の木) バラ科
アズキナシ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 高木 落葉 広葉 15m 5月

分布

山地から亜高山まで生育する。金山駐車場付近の四阿北側の斜面に自生。

樹皮

樹皮は紫褐色、老木では鱗片状に剥離する。若い枝は紫褐色、古い枝は紫黒色。

葉身は6~12cmの広倒卵形、浅く裂け欠刻状の大型重鋸歯。側脈は7~9対で直線的に斜上し鋸歯の先端に達す。葉裏は白色の綿毛が密生。黄葉する。

枝先や葉腋から少数の白花の複散房花序を付ける。花径は約1cm。萼には白色の綿毛が密生。花弁は5個、雄しべは約20個で、花弁よりも短い。雄しべより少し短い2個の花柱がある。
果実は梨果で約1cmの楕円形、丸い皮目が目立つ。紅熟し落葉後も枝に残る。果肉には石細胞が多く、種子は4個。
名前

葉の裏が白いため。

メモ

落葉後、裏を外側に巻き、ひときわ白が目立つ。

葉裏・葉柄・花序・花軸・萼に白い綿毛。
  
ウラジロノキ樹皮
樹皮は紫褐色
15/8/21
ウラジロノキ葉
葉裏は白色の綿毛がある
15/5/15
ウラジロノキ花
花は枝先に付く、下からは見えずらい
15/5/4
ウラジロノキ蕾

16/4/27
 
 ウラジロノキ花
複散房花序
17/5/6
ウラジロノキ花
5弁花
16/5/2
ウラジロノキ若い実
若い実
15/5/25
ウラジロノキ青い実
青い実
16/6/8
ウラジロノキ実
実には皮目が目立つ
17/10/3
ウラジロノキ熟した実
実は梨果、1cmの楕円形
15/10/15
 ウラジロノキ黄葉
黄葉
16/11/8
ウラジロノキ実と黄葉
実と黄葉
16/11/8
 

トップページに戻る TOPに戻る   前に戻る 前に戻る