太田金山 樹木散歩

ウワミズザクラ(上溝桜) バラ科
ウワズミザクラ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 高木 落葉 広葉 20m 4月

分布 山地の日当たりの良い斜面や谷あいなどに自生。子供の国から新田神社に向かうコースにたくさん見られる。カラタチ沢付近にもある。
樹皮

暗紫褐色で横に長い皮目がある。老木になると縦にヒビ割れ、網目状に裂ける。

葉柄は7~10mm、葉身は8~10cmの長楕円形で基部側が幅広、先は長い鋭尖頭、基部は円形で1対の蜜腺。細かく鋭い鋸歯がある。

白いブラシのような花序で桜の花とは思えない地味な花。花弁は5個、雄しべ約30個程で花弁より長く突出する。雌しべは1個。花の下に3~5枚の葉が付く。

果実は核果、約8mmの卵形、黄赤色から黒色に熟す。

名前

鹿の肩胛骨の裏に溝を彫り、それをウワミズザクラで焚いて、割れ目の形状で占いをした。材をウラミゾザクラと呼ぶ。

メモ 

秋に実のなった小枝ごと葉を落とす。

桜皮細工(樺細工)の材料として使用される。

 イヌザクラは花の下に葉が付かない。

ウワミズザクラ樹皮

網目状に裂ける
16/5/2

ウワミズザクラ蕾
蕾の塩漬はアンニンゴと呼ばれる
19/4/2
ウワミズザクラ花
花弁5個、雄しべ30個ほど
16/4/17
 
ウワミズザクラ花
花の下に葉が2~3枚付く
15/4/17
ウワミズザクラ葉
実は核果
15/5/15
ウワミズザクラ葉
長楕円形、基部側が最大幅
16/5/6
  
 ウワミズザクラ実
黄色味を帯びてきた
17/7/6
ウワミズザクラ実
黄赤色になり、秋には黒く熟す
16/7/10
 
ウワミズザクラ実
黒く熟した実
18/7/26
 
ウワミズザクラ黄葉
黄葉
16/11/6
 

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る