太田金山 樹木散歩

ヤマブキ(山吹)  バラ科
ヤマブキ属

葉の付き方 低木/高木 落葉/常緑 針葉/広葉 樹 高 花 期
互生 低木 落葉 広葉 2m 4月

分布 山地のやや湿った所に多く自生する。子供の国などに公園樹として広く植栽されている。
樹皮 樹皮は緑で成長すると褐色、数年で枯れる。
葉柄は5~12mm、葉身は薄く3~10cmの卵状、葉先は尾状尖頭。葉縁は浅裂し不揃いな重鋸歯がある。側脈は5~7対、側脈間がしわしわ。
新枝の先に鮮やかな黄色の5弁花を付ける。花柄は長さ8~15mm、花弁は5個で先がわずかにへこむ。雄しべは多数、花柱は5~8個。萼筒は杯形。
痩果で1~5個集まる、緑から暗褐色に熟す。
名前 元は「山振」、山で枝葉が風になびく姿に由来。
メモ  互生(シロヤマフ゛キは対生)。
太田道灌のヤマブキ伝説「ヤマブキの実の一つだに無きぞ悲しき」。

ヤマブキ樹皮
成木の樹皮は褐色
16/12/25
ヤマブキ新葉
新葉、不揃いな重鋸歯
17/4/6
 ヤマブキ花
5弁花
17/4/8
ヤマブキ花 
雄しべ多数
16/4/2
 ヤマブキ花 

16/4/2
ヤマブキ八重咲き
八重咲き
16/4/2
 
ヤマブキ花

時季外れの花
17/8/20

ヤマブキ実

痩果、暗褐色に熟す
16/10/4

ヤマブキ黄葉

黄葉
18/12/9 

 

トップページに戻る トップに戻る   前に戻る 前に戻る